きちんと車検をしよう!おすすめランキングー岡山県

トップ > 車検の豆知識 > 車検が切れたらどうすれば良いのか

車検が切れたらどうすれば良いのか

 そもそも車検とはどのような制度でしょうか。車検は正式には自動車検査登録制度と言うもので、2年に一度、新規の時のみ3年に1度、必要な点検整備を受けて、整備不良などによる事故を無くすための制度です。また同時に自賠責保険に加入する必要もあり、これは自動車による事故が起こってしまった場合の被害者の救済のために加入が義務付けられているものです。被害者が死亡した場合は最大で3000万円の保険金が支払われます。
 これらは全て法律に定められている制度であり、車を保有する方は必ず車検を受ける必要があります。普通は車検の時期になると、車を買ったお店や、前回車検を受けた会社などから案内がありますから、受ける事を忘れることは少ないと思いますが、それでも絶対ではありません。では車検を受けないとどのようなことになるのでしょうか。

 法律で義務付けられている車検ですが、もしも車検を受けなくてもすぐに法律違反と言うことではなく、車検切れの車で公道を走ると法律違反となります。例えば価値のあるスポーツカーを自分のガレージで所有して、走らせなければ車検を受けなくても良いと言うことになります。また自分の所有地や私有地、つまり公道で無い場所であれば運転しても構いませんが、実際はそのような方は少ないと思いますし、整備不良による事故の可能性はありますので、一般的とは言えません。車検切れの車で公道を運転した場合は、道路運送車両法違反となり、法律違反と言うことになります。
 また通常は自賠責保険も切れているはずですから、事故を起こした時などには被害者への補償などの問題も生じてしまいます。決して車検が切れた車を運転するべきではありません。

 ではうっかり車検が切れている事に気が付いた時は、どのような対処法があるのでしょうか。まずはディーラーや、車検業者などに相談をしてみましょう。多くの場合は、自動車臨時運行許可、所謂仮ナンバーを取得して、その後車検や自賠責保険の加入手続きなどをしてくれます。自身で役所に行って仮ナンバー取得の手続きをする事も不可能ではないかも知れませんが、やはり専門家に任せる方法が良いのではないでしょうか。
 今は多くの車検業者がこのようなトラブルに対応してくれますし、インターネットなどで最寄りの業者を調べることも簡単です。費用なども簡単に調べられますので、比較することも可能です。間違っても、少しの距離だから大丈夫、などと考えて車検切れのままディーラーや業者まで運転するようなことはしないで下さい。もしも事故にあったら一生に係る問題になるかも知れませんし、何よりも法律違反です。落ち着いて専門の業者に相談するのが一番です。

MENU

ページの上部へ戻る