きちんと車検をしよう!おすすめランキングー岡山県

トップ > 車検の豆知識 > 車検の費用を見積もるには

車検の費用を見積もるには

 車は2年に一回車検を通さなければなりません。そして、車検費用はどこでも同じというわけではなく、依頼をするお店によって異なります。ちなみに、車検費用を見ると法定費用と整備費用に分かれています。この中で、法定費用は税金などで必ず支払う必要があり、この部分に関しては金額は変わりません。そして、できるだけ安く通す方法として見積りをすることになります。基本的には、実際に車を見てもらい、交換が必要な部品などを出してもらうのですが、インターネットで概算で出すということもできます。
 比較サイトでは、車の種類を指定することで概算見積りができ、岡山地域などで絞ることができるため安いところが見つかります。もちろん、交換が必要になるパーツもあるので、一度その店舗に行き見積りをしておくことが大切です。

 車検を通すとなると、初めに見積りをしたほうが良いのがディーラーです。ディーラーでは2か月前から車検見積りを受け付けているため、それによって交換が必要な部品が何なのかを知ることができます。もちろん、必ず交換をしなければならない部品もあれば、快適に車を運転するために交換をしておいたほうが良いという部品もあります。その中から、必要最低限の部品を確認して、他のところと比較をしてみることでどのくらいやすくできるかを確認できます。
 ちなみに、ガソリンスタンドや整備工場は安くできますが、その分保証がないこともあるのでその点を理解しておかなければなりません。そして、基本料だけを見ると安くなっても、ブレーキパッドやシャフトブーツなどの部品によっては割高なこともあるので、その点も比較が大切です。

 安さを求めることはいいのですが、車はしっかりと整備をしていないととても危険です。そのため、ディーラーでは整備費用が高めになっていますが、その分車の特性を理解したうえで、整備や部品を交換しているため安心です。その点、ガソリンスタンドでは汎用品を使っていることもあり、価格は抑えられるものの品質からすると若干劣ることもあります。
 特に、ブレーキ系統や吸排気系統は少し高くてもしっかりとしたメーカー品を使うことが重要です。車検費用は抑えられて通すことができても、不具合が生じては意味がないので、その点も考慮して決めることが重要です。そして、比較サイトを活用するときには、そのお店の口コミ情報をチェックしておくと安心です。ガソリンスタンドでも、保証を半年など付けているところもあるので、そちらも事前に確認をしておくこともポイントです。

次の記事へ

MENU

ページの上部へ戻る